川崎市立日本民家園を訪問
2011/1/16

小田急線の向ヶ丘遊園近くにある川崎市立日本民家園という施設で竹細工をやっていると聞き、訪ねてみた。 川崎市立日本民家園は川崎市教育委員会が運営している各地の古民家を集めたいわばテーマパークのようなところ。
そこには民具製作技術保存会という団体組織があり、織物やわら細工、竹細工といった日本の伝統民具の製作実演や講習といった催しを毎週のように行っているという。
今回の竹細工の実演テーマは九州ショウケという丸いざるの製作で、会員約20名ほどが古民家の庭先で熱心にヒゴづくりを行っていた。
遠い人は筑波から毎週来られているとか、メンバーの真剣さに圧倒された。
指導者は九州で修業したという方で見本のショウケを拝見すると素晴らしく丁寧に作られたものであり、質の高さとしては今まで見たことのないようなものであった。
その指導者は謙遜して、「いやあ九州の名人に見せたら笑われる」とおっしゃっていたが、よくよく話してみるとその名人とは私も知っている人で、確かにその人の作品をネットでみると、民具でそこまでこだわるかといえるほどのものではあるのだが。
しばしその先生といろいろお話したり、道具を拝見したりしたが、参考になることばかりで、わざわざ川崎まで来た甲斐があったとうれしくなった。
会の代表の方といずれ技術交流ができるといいですねと最後にお話して施設を後にした。


古民家の庭先は竹細工の最高の舞台


指導者の手さばきを熱心に見る会員


形も良く、特に縁巻きの見事なショーケ