2012/1
「楽竹会」発足 

竹を愛し、自然を愛する仲間が上州邑楽(おうら)の地に
竹細工愛好会を立ち上げました。

会の名前は「楽竹会」邑楽の楽と竹を組み合わせました。
「らくちくかい」と読みます。




報道資料

2012/1
発会のニュースリリース

2012/1/21 太田タイムス記事

2012/1/24 上毛新聞シャトル記事

2012/1/27 群馬よみうりVIBAアミーゴ記事

2012/3/1 広報おうら記事

2012/4/12 朝日新聞記事


「楽竹会」の主な活動は竹林整備と竹細工技術の向上です。


撮影 南保 克巳氏

将来は竹細工イベントを行いたいと思っています。
そのためにも会員さんには早く技を習得いただかねば。


撮影 南保 克巳氏

将来の夢は竹林と滞在型農園を合体した「竹林ガルテン」
の構築です。
リタイアした世代に豊かで健康的な環境を提案したいと考えています。
(「竹林ガルテン」は造語です)

竹はCO2を出さないとても環境にやさしい素材です。
そして竹細工は使う人の心に響く道具だと思います。
日本人のDNAにはそれが刷り込まれているはずです。

「楽竹会」は竹細工の復興を目指していきます。
ご理解、ご支援を賜れば幸いです。